• Grey Twitter Icon

Sachiko M   twitter 

​Sachiko M  

sinewaves 即興演奏家 作曲家 作詞家

劇団の音響技師を経て1993年サンプラーを手に音楽活動を開始。1998年今までのスタイルを一新、サンプリングされた音源全てを放棄。1999年ソロアルバム「Sine Wave Solo」を発表。サンプラーに内蔵されていたテスト・トーン用のサインウェイヴと、スイッチノイズを用いた極端なまでにシンプルでミニマリスティックなサウンドで徹底した音楽に対する姿勢を示し、世界的な注目を一気に集める。海外の音楽フェスティバル、コンサート、数々のアルバム参加を経て、2010年サウンドインスタレーション、写真集出版など活動を広げつつある中、2013年ドラマの劇中歌の作曲をきっかけに作曲活動を開始、以降ドラマの劇伴音楽、劇中歌、歌手への楽曲提供などを行うようになる。2014年"Asian Sounds Research"のプロジェクトディレクターに就任、「OPEN GATE〜動き続ける展覧会」をキュレーション&ディレクション「音楽」と「美術」の間に切り込む新たな試みをするなど新たな展開を模索しつつ現在に至る。

 

1999年 「Sine Wave Solo」発表

2003年 アルスエレクトロニカ、デジタルミュージック部門ゴールデンニカ賞受賞

2004年 サウンドインスタレーション I'm Hereを発表

2011年~2013年 個展 I'm Here -shortstay- を巡回

2013年  写真集『Where we are』『Sachiko M sound installation I'm Here -shortstay-』 出版

2013年  NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の劇中歌『潮騒のメモリー』『暦の上ではディセンバー』『地元に帰ろう』作曲参加  

2013年「潮騒のメモリー」で第55回日本レコード大賞作曲賞受賞、自伝『All About Sachiko M intro』電子出版          

2014年   NHKドラマ「 LIVE! LOVE! SING! ~生きて愛して歌うこと」劇中歌、劇伴音楽

2014年 Asian Sounds Research プロジェクトディレクター就任

2015年 マレーシアペナン島「OPEN GATE〜動き続ける展覧会」キュレーション&ディレクション

2016年 NHK土曜ドラマ「トットてれび」劇伴音楽「OPEN GATE 2016」あいちトリエンナーレ キュレーション&ディレクション

2017年  「OPEN GATE 2017」札幌国際芸術祭2017  キュレーション&ディレクション

​2018年 のん「RUN!!!」作詞作曲 ABUこどもドラマシリーズ「ホクロのひみつ」NHK劇伴音楽 NHK民謡魂テーマソング作詞作曲

2019年 NHK大河ドラマ「いだてん」劇伴音楽作曲参加  のん、大友良英とともに「のんとも。M」結成

2020年 11年ぶりのソロ「20082020」リリース 「のんとも。M」アルバム発表

​2021年 デジタルシングル 20082020 配信リリーススタート 発売中

Sachiko M

sinewaves, improvisation Musician, Composer

 

An internationally active improvisational musician utilizing electronic instruments which generates signals of testing noise (sine wave). She received the Golden Nica prize in Ars Electronica, 2003. Her works are diverse, from sound installation to publishing photo books, and she had also participated in scoring a NHK (Japan Broadcasting Corporation) TV program “Ama-chan”. For this TV program, she had received the Best Composer Award in the 55th Japan Record Award for “Shiosai no Memory”, co-written with Otomo Yoshihide. Since “Ama-chan”, she has further deepened the art of scoring, mainly for TV dramas. As a project director for “Asian Sounds Research” she is ambitious to find a style of presentation that finds a new place in-between “music” and “visual art”.

Sachiko M has been active as a sampler player since 1994. In 1998, in a drastic departure from those approaches, she originated the revolutionary method she uses to this day–manipulating the sampler’s internal test tones. With the 2000 release of Sine Wave Solo, her extreme solo recording consisting entirely of sine waves, Sachiko M suddenly became the focus of intense interest on the international scene. Sachiko M was awarded the Ars Electronica 2003 Golden Nica prize in the digital music category.

 

2004    She made the first sound installation. [Sachiko M I'm Here ] 
2010    also into a start and manufacture for photography, and is continuing the activity covering many genres. 
2011~2013  private exhibition [ Sachiko M sound sintallation I'm Here -shortstay - traveling exhibition] Round. 
2012~2013     Photograph collection "Where we are" "Sachiko M sound installation I'm Here -shortstay-" is published. 

 

within a composition  [ 2013 NHK drama serial "Ama-chan" ] -- a song 
On a "siosai no memory" "Koyomi no ue dewa December " and "Jimoto ni kerou" 

released song demonstration sound source was released only by itunes.

"siosai no memory (hizou demo) / Sachiko M"

 

2013  was awarded "55th The Japan Record awards"  prize in The Best Composition  category.

2014  archive "All about Sachiko M intro" is published the digital book bccks. 

 

2015 ~2017 project director of Asian Sounds Research,surged and directed OPEN GATE ~An ever-changing ehisition 

2020 - 2021   ​New digital single 20082020 on sale !